よくあるだましの典型例


[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB

だましを回避するための対応策を知る前に、よくあるだましの典型例を知っておきましょう。

最初にご紹介するのは、レジスタンスラインをブレイクアウトしたにも関わらず、そのまま伸びずに反落してトレードが終了してしまう例です。

例えば大きな流れが上昇トレンドで下値切り上げが続いている場合に、上値のレジスタンスラインで止められては上昇することは繰り返している相場状態であるとします。これは一見すると、上昇三角形であるアセンディングトライアングルにも見えます。

アセンディングトライアングルは保合のチャートパターンで、上昇のトレンドの継続を示唆する強気のチャートパターンだとされており、押し目を作りながら徐々に安値を切り上げながら上昇していき、売り買いの拮抗が破れた時にレジスタンスラインをブレイクアウトして上昇していく傾向があります。

このセオリー通りに相場が動けば相場がさらに上昇して利益を伸ばすことが見込めますが、いったん上昇したものの継続せずに反転して下降し始め、一気に下値を切り下げて終了してしまうことがあります。
これはよく見られるブレイクアウトのだましパターンです。

よくあるだましの典型例として、移動平均線がゴールデンクロスしているのに結局伸びずに安値を更新し、トレードが終了してしまうパターンです。

例えば大きな流れは上昇トレンドにあり、短期トレンドでは下降しているとします。このようなチャートパターンだと短期トレンドが再び上昇することを待つ方も多いと思います。

移動平均線を使って相場分析をしている場合は、2本の移動平均線がゴールデンクロスを形成することを待っている状態です。

そうして、いよいよゴールデンクロスが形成され、相場が上昇することを期待できる気配を見せたとします。この時にそのまま上昇トレンドで上がっていけば良いのですが、直近の上値を更新することができずに下降してしまい、そのまま安値を更新してしまう展開もあります。

これは思いのほか多くの人がはまるゴールデンクロスのだましです。

移動平均線は相場の転換を判断する時に便利なテクニカル指標ですが、ゴールデンクロスのだましにあってしまう可能性もあるので、急いでエントリーすると痛い目を見る確率が高まってしまいます。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。