スキャルピングがなぜ勝てるのか


[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB


少ない投資金で大きな利益を上げるために有効とされるスキャルピングは、多くの個人投資家から高い関心が寄せられていますが、「分かっているようで分からない」「勝てそうで勝てない」というイメージのFXトレードだと言われています。

小刻みにトレードを重ねて利益を積み上げていく手法なので、それゆえのメリットはとても多く、どれも個人投資家向きだと言えます。

しかし、小刻みに利益を積み上げるということは高い勝率を維持しなければなりません。10勝1敗だったとして、その1敗が大きければ意味がないからです。

そこで今回からは個人投資家の小額トレードに特化したスキャルピングの極意を解説していきたいと思います。

そもそもスキャルピングは薄皮という意味なので、薄皮を剥いでいくように細かい利益を取っていくという意味からスキャルピングと名づけられました。

この「小刻み」という言葉にも色々な意味があり、自動ツールで1秒間に何百回もトレードをするようなスキャルピングがあるかと思えば、裁量トレードで5pips未満の細かいトレードを繰り返すこともスキャルピングです。

ここで取り上げるのは、基本的に裁量トレードによる小刻みなスキャルピングです。FXで勝つためのセオリーになりつつあるトレードなので、基本に忠実に解説していきたいと思います。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|