NY時間での戦い方その3


[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB


NY時間の相場変動を利用してスキャルピングで勝つための基本講座、今回はNY時間と切っても切れない経済指標についてのお話です。NY市場に関わりの深い経済指標で有名なものと言えば、雇用統計です。毎月、第1金曜日に発表されるアレです。

この日ばかりは雇用統計一色になるので、スキャルピングトレードもかなりの影響を受けます。いつも通りのNY時間スタートという感覚で株価などを眺めながら順張りをしても、雇用統計の結果いかんで痛い目に遭うこともあるでしょう。

この日ばかりは自信がない場合はスキャルピングをやめておくか、雇用統計に完全に合わせた形でのトレードをおすすめします。雇用統計における戦略はこのメルマガでもいくつか紹介したことがありますが、基本的には結果出てからの順張りが安全です。結果が出る前の注文は丁半ばくちと何ら変わらないギャンブルなので、リスク覚悟で大きく稼ぎたいという方は参戦しても良いと思いますが、くれぐれもストップはしっかりと置くようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。