NY時間での戦い方その1


[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB


前回に、ロンドン時間スタート直後のスキャルピングについて解説しました。

それでは同様に、NY時間のスタートはどうなのでしょうか。

日本から見ると時差の関係でどちらもいわゆる勤務時間外なので、個人投資家にとっては参戦しやすい時間帯でもあります。

ロンドン時間のスタートは荒れやすく、その日の方向性にかかわらず一時的に逆方向に動くこともあります。

その意味ではどちらにエントリーしても勝てる可能性があるので、ギャンブル的要素が強い印象があります。

それでも参戦したいという投資家はとても多いので、ロンドン市場は今もFXトレーダーの主戦場です。

それに対して、NY時間というのは世界最大の経済大国であるアメリカの市場なので、実需ベースでの動きが多くなります。

日本からの参戦も多く、取引量も東京時間の数倍に及びます。

NY時間で重視したいのは、まず経済指標とその日の株の動きです。

株だけでなく原油など資源の動きも見ておくとより精度は高くなります。

とても乱暴なくくり方ですが、株や資源が高くなればドル高という因果関係があるので、ドル円をトレードしている投資家の方は目安になるでしょう。

(つづく)





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|