絶対に譲れない取引環境


[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB

先日の英国EU離脱でも、かなりのFX投資家が痛手を被りました。これらの投資家が痛手を被った理由に、長期保有のポジションを持っていたという事実が関わっています。
多かったのは豪ドル円やトルコリラ円など高金利通貨の買いポジション持ちで、スワップを貯めていたポジションが強烈な円高によってロスカットとなった事例は数多く発生しました。

やはり、FXはスワップよりもキャピタルが勝るのか?というわけで再びデイトレードやスキャルピングなど短期売買に注目が集まっています。
そこで、今回からはスキャルピングの実践的な講座を展開したいと思います。スキャルピングの良いところは、とにかくポジションの保有期間が短いことです。今回のEU離脱問題が起きそうなら参加しないという選択肢もありますが、スワップ狙いのポジション保有だとダメージが直撃してしまいます。

そんなスキャルピングの第1回として大切なことをお伝えしたいと思います。それは、取引環境です。スプレッドや手数料、売買システムなどスキャルピングは小刻みな取引を繰り返すのでコストがバカになりません。可能な限りスプレッドが狭いFX取引会社、そしてスリッページが発生しにくい会社を選ぶことが重要です。

そこで、次回はまず武器を揃えることが始めましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。